女性連盟の紹介



■女性連盟の成り立ち■

1955年、近畿福音ルーテル教会に属する29の教会の女性たちが、一同に会し、「第一回合同婦人大会」が開催されました。 世界ルーテル連盟(LWF)第8回総会に近畿福音ルーテル教会の代表者が出席。これがきっかけとなり、29教会の女性たちが、ここの教会の働きにのみにとどまらず。対外的にも神様に用いられる器となることを目指し、1990年の第35回合同婦人大会と機を同じくして「近畿福音ルーテル教会 婦人連盟」が発足しました。のち1996年に「婦人連盟」から「女性連盟」と名称を変更し、現在に至っています。

■女性連盟の目的■

各個教会の女性会および、女性信徒相互の交わりを強め、協力して福音の宣教に努める。

 

■女性連盟の活動■

  ◎女性連盟大会 毎年4月29日
  ◎献身者奨学支援
  ◎海外宣教支援
  ◎会報誌「はぐくみ」の発行 年3回
  ◎四ルーテル合同研修会「いつくしみ」参加
  ◎地区女性会:地区別に合同女性会を開催

  ◎会員数:364名(2005年3月現在)

 





女性連盟大会での讃美