ルーテル教会とは?

「ルーテル教会」は、歴史ある正統派キリスト教会で、その名称は、ドイツの宗教改革者マルティン・ルターの名前に由来しています。16世紀初め、ルターは、聖書が真実に人間に語りかけようとしている「福音」を教会に取り戻そうと、「聖書のみ、恵みのみ、信仰のみ」という3つの基本原則を掲げ、教会の改革に取り組みました。

当時の教会は、それまで「救いとは、人間の努力や良い行いによって得られる」と主張し、人々に重荷を負わせることに専心し、ついには金銭で救いを売るほどまでに堕落していました。(免罪符の販売)

しかし、ルターは、救いは、神の無条件の愛によって、信じる者すべてに与えられる神の恵みであり、それはイエス・キリストの十字架と復活によってもたらされたと説き、以降、多くの人々がルターに賛同し、多くのプロテスタント教会が生まれました。

宗教改革まで、聖書はラテン語と決まっており、多くの庶民は聖書を持つことはおろか、読むことさえできませんでした。そこでルターは、どんな人でも聖書が読めるようにと、聖書を原語(へブル語・ギリシャ語)から母国語であるドイツ語に翻訳しました。また、人々が歌いやすいような讃美歌を数多くつくりました。そのようにしてルターは、物心両面でイエス・キリストの福音を人々に分かりやすく、また身近なものとしたのです。

ルーテル教会は、ルターの流れを汲むキリスト教会として、福音を伝えながら、ドイツから北欧に、そして北欧からアメリカへ、やがては全世界へと広がり、現在、全世界で約7000万人の会員数を数えます。

日本では、今から約100年前に、アメリカからの宣教師によって最初のルーテル教会が生まれました。(日本福音ルーテル教会)。そして約50年前に新たにアメリカ、ノルウェー、フィンランド、ドイツなどから宣教師が来日して、新たなルーテル教会系の教団が誕生しました。(日本ルーテル教団、近畿福音ルーテル教会、西日本福音ルーテル教会、フェローシップ・ディコンリー等) 。現在、日本には、約270のルーテル教会が存在しています。