近畿福音ルーテル教会の歩み

 近畿福音ルーテル教会は、ノルウェー伝道会日本伝道団(NMS)とノルウェー・ルーテル自由教会日本伝道団(LFCN)によって形成された教会です。
 NMSは1842年に組織されたノルウェー国教会監督制の流れを汲む宣教団体であり、LFCNは1877年に組織され、本国では長老制を採用している団体です。
 NMSとLFCFは20世紀初め中国(当時中華民国)において宣教活動を開始し、20世紀中頃の同国の政情不安定の中でもその宣教活動を続けてきましたが、中華人民共和国の成立とともにその宣教活動に困難を来たし、中国での宣教活動を断念し、宣教活動を日本へと切り替え1951年に宣教を開始しました。
 そして1961年11月3日、近畿地方で伝道していたNMSとLFCNの14の教会が集まって近畿福音ルーテル教会が誕生し、1980年11月3日宗教法人近畿福音ルーテル教会が承認されました。
 現在では、近畿福音ルーテル教会からタイへ宣教師を派遣しており、世界宣教の働きに参加するまでに至りました。